[]MR-2000Sを使ってみよう!(その2)「HPアンプとして」

チーフ・エンジニアの森崎です。

KORG MR-2000Sはレコーディング、マスタリングで大活躍していますが、ほかにも色々な使い方が出来ますよ!

(レコーディング編)
僕がお気に入りなのはMR-2000Sのヘッドフォンアウトです。これが本当に良い音なんです!ぜひ一度、レコーディング時のヘッドフォンアンプとして使ってみて下さい。セッティングはDATデッキなどと同様に、MR-2000SをREC待機状態にするだけでOKです。

レコーディングで大切なことは良いパフォーマンスを録音すること。それにはアーティストが気持ち良く歌い、演奏出来ることが不可欠です。

MR-2000Sが1台あればレコーディングスタジオはもちろん、プライベートスタジオの録音環境を大幅に改善出来ますよ。サウンドは色づけがなくヴォーカル、演奏がありのままに聴こえます。声の抜けが良く、リズムもしっかり聴き取れるので、細かなニュアンスやグルーヴも表現しやすいと思います。

例えばGRACE DESIGN m902Bは268,000円です。MR-2000Sは5.6MHzのレコーダー機能が付いて248,000円です。これほどお買い得な商品はありませんよ(コルグの営業ではありません!)。

広告を非表示にする