[]DSDレコーダーお譲りします

弊社でSACDの制作に使用していたDSDマスターレコーダー「DS-D98」をお譲りします。
売約済みとなりました。2010年10月18日更新


【1】Serial Number : 0030085 ランニング時間 TOTAL 143H
【2】Serial Number : 0030087 ランニング時間 TOTAL 126H
【3】Serial Number : 0030090 ランニング時間 TOTAL 106H

ご覧のとおり、この3台については新品同様。
現在、TEACにて消耗部品の交換一式/Ass'vクリーニング、オイル・グリス注油/テープ走行系調整一式/サーボ再調整、各動作チェック一式、完全点検中。弊社のマスターをアーカイビング後(10月末日以降)のお渡しとなります。
ご希望の方はお電話にてお問い合わせください。03-5410-6789

『Seigen Ono Septet 2003』(SACD Hybrid SD-1025H)のレコーディング時に8台(16トラック)使用して、そのうちのランニング時間の少ない3台で、サイデラ・レコードでは、DTRSのバックアップ、アーカイビングに使用しているだけで、コンディションは極上です。現在、ポータブルDSDレコーダーによるフィールド・ロケーション・レコーディング、MR-2000S(パンチインや編集はできない)を3~5台使用したライブレコーディングなどが、主たる業務となり、DS-D98は、マスターをアーカイビング後に譲渡することとしました。プロツールズのような利便性はありませんが、DSDでパンチイン、パンチアウトができるマスターレコーダーは、Pyramix System、SONOMA以外には、現在DS-D98しかありません。VIDEO SYNCまでかかり、また通常のDTRSマシンとしても使用できます。

メーカーページ・リンク

2チャンネルDSDフォーマット対応DTRS MTR
DTRS DS-D98
メーカー希望小売価格 ¥1,260,000(税抜 ¥1,200,000)
メーカー販売終了日:2006年10月20日

DS-D98はスーパーオーディオCDSACD)のフォーマットであるDSD(Direct Stream Digital)フォーマットに対応したダイレクト・ストリーム・デジタル・レコーダーです。 DSDは従来のPCMシステムが抱える問題、サンプリング時にフィルターを必要とする事から起きる問題やAD/DA時の補間での量子化ノイズ問題を解決するために開発された方式で、アナログ信号が64倍オーバーサンプリング・デルタ/シグマ変調でデジタルに変換されたときの1ビットデジタル信号を直接記録する方式です。 また従来のDTRSレコーディングにも対応しており、DA-98HRと同等の使用も可能です。さらに記録メディアはDTRSでその安定性を実証したHi-8VTRテープを使用しており低ランニングコストも実現しています。


Saidera Mastering Blog Archives→→→