[]Saidera Ai SD-9003ケーブル 使いこなし

チーフ・エンジニアの森崎です。

先日からロックオンカンパニーで販売が開始された「Saidera Ai SD-9003」ケーブル。すでにお買い求めいただいた方も多く、ご好評いただいています。ありがとうございます。改めてこのケーブルのラインナップと使用用途を説明します。

このケーブルの特徴はまさに「色づけがないこと」。インとアウトがまったくイコールになることを目指したのが「Saidera Ai SD-9003」ケーブルです。詳しくは→「Saidera Ai SD-9003開発ストーリー by オノ セイゲン」 さらなる用途は→「SD-9003 Cable→→」

◆ SD-9003 Pro transfer cable(長さ:1M,2M,3M,5M,7M,10M 、ペアまたはシングル)
-XLR Male-XLR Female(キャノンプラグ/オス→キャノンプラグ/メス)
-TRS-TRS(TRSフォンプラグ:バランス→TRSフォンプラグ:バランス)
-TRS-XLR Male(TRSフォンプラグ:バランス→キャノンプラグ/オス)
-TRS-XLR Female(TRSフォンプラグ:バランス→キャノンプラグ/メス)
※XLRは2番ホット、バランス用です。
※TRSはTRSフォンプラグ(ステレオ標準プラグ)を使用したバランス用です。楽器用のシールドケーブル(TSフォンプラグ:モノラル標準プラグ)とは仕様が異なりますので注意してください。

「XLR Male-XLR Female(2Mペア、3Mペア)」このラインナップが一番人気です。レコーディングスタジオ、プライベートスタジオのパワードモニターのインプットケーブルとして大好評です。解像度、抜けがアップする。『低域の膨らみが改善され、立ち上がりの早さはDSDとの相性がよい』(エンジニアokuda supaさん)『フラットな特性ながら、スピード感があり地味に聞こえない』(春川仁志さん)ユーザーレビューはこちら

「XLR Male-XLR Female(1Mペア)」KORG MR-2000Sなどのマスターレコーダーのインプットケーブルとして。広がり、奥行き、空気感などDSDの特徴を十分に発揮することが可能です。コンソールアウトのサウンドを限りなく色づけ無く録音出来ます。アナログEQ、COMP、ADコンバーターのインプット、DAコンバーターのアウトプットなど、ケーブルで音作りをするのではなく機材AとBの特徴を最大限に生かしたい場合にもオススメです。

「XLR Male-XLR Female(5Mペア)」ドラムのトップ、ストリングス、アンビエンスなどのペアマイクのケーブルに。マイクの特徴をそのまま表現してくれます。音の立ち上がりが速いのでレコーディングスタジオのアナログテープレコーダーのインプット/アウトプット、パワードモニター、パワーアンプの入力への延長ケーブルとしても最適です。

「TRS-TRS(1Mペア)」DJ機器、エフェクター/アウトボードの立ち上げケーブルとして。
(3Mペア)はライブハウスやクラブのスペースなど広い現場での機材の接続に。フェーダー、ボリューム操作の細かなニュアンスを確実に伝えてくれます。

「TRS-Male(2Mペア、3Mペア)」TRSフォン仕様のオーディオ・インターフェース、プリアンプ、ミキサーからパワーアンプ、パワード・スピーカーなどのモニターライン接続に。

シングルケーブルはヴォーカル、ベース、ギターなどのレコーディング用に、サラウンド・モニターのケーブル追加分としてお使い下さい。

◆ SD-9003 DJ18
DJミキサーへのインプット/アウトプット。とくにUREI1620のようなこだわりの機器に。「Saidera Ai SD-9003 DJ」ではUREI 1620などのヴィンテージ・クラブ・ミキサー など、ジャックの間隔が狭い機材でも使用出来るようSwitchcraft3502AAU (RCA端子)を採用しています。またCDJからクラブミキサーのケーブルとして使用すればレンジ、広がり、音の切れ、グルーヴが圧倒的に変わります。CDJ自体の音はこんなに良かったんだということがきっと分かると思います。さらにクラブ・ミキサーから外付けアイソレーター、エフェクターのセンド・リターンケーブルとして使えば総合的にクオリティーをアップすることが可能です。
もちろんオーディオ用としても使用出来ます。CDに録音された情報を確実に伝えるケーブルです。
※SD-9003 DJ18について、価格は変わりませんが1.8mより短い長さもオーダー可能です。

PS.
ケーブルの長さはジャストサイズより余裕を持った長さのものを選択して下さい。ケーブルが折れ曲がると負担がかかり断線の原因となります。パワードスピーカー用は空中配線にならない長さ、立ち上げケーブルなら適度なアールを描く長さが理想です。


Saidera Mastering Blog Archives→→→

広告を非表示にする