[]サイデラ・モーニングセッション#032「ブラジルの音空間5.6MHzサラウンド・フィールドレコーディング・インタビュー」

どうもMUSHです!
昨年末に行ったサイデラ・モーニングセッション#032「ブラジルの音空間 世界最大の熱帯林アマゾン/緊急アンコール」。この日は2010年の「サイデラ・モーニングセッションSPECIAL DAY-6」でゲスト講師もしていただいたケペル木村さんが、ブラジル人デザイナー、マルコ・マンシーニさんと開始したサイト「revista Bossas Brasil」と共同主宰。ケペルさんとマルコさんによる「オノセイゲン・インタビュー」がこちらに掲載されていますよ!
”このDSDシステムを使えば、ジャズグループでも何でも高解像度で「音の重なり (sound layer)」を記録出来るのです。

人間は20キロヘルツ以上の音は聴こえないということになっていますが、人間は初期の反射音を捉えて、音がどの方向からやって来たかを判断することが出来るのです。そのためにもこのより高い周波数のサウンドを録音出来る高解像度システムが必要なんです。”
...続きはこちら→→[revista Bossas Brasil「オノセイゲン・インタビュー」]



Saidera Mastering Blog Archives→→→