[]ケーブルの使いこなし(その1)「立ち上げケーブル」

チーフ・エンジニアの森崎です。
サイデラ・マスタリングの立ち上げケーブル「Saidera Ai SD-9003」です。

レンジが広く、立ち上がりが速いです。

レコーディング、マスタリング、パワードスピーカーのインプット用としてベストマッチング。

コネクターはノイトリックNC3FXX、NC3MXX。金メッキ端子は4KHz〜8KHz辺りにピークが出るので音がフラットな銀メッキ端子を使用しました。ハンダは日本アルミットKR-19を使用。

このケーブルを使用するまではアクロテック(現アクロリンク)とカナレのケーブルでしたが、「Saidera Ai SD-9003」では、さらに繊細な部分まで(モニターが)判りやすくなりました。外皮もしっかりしているのでライブレコーディングでも安心して収録することが出来ますね。