[]アシスタントの技術習得のための4つのステップ


チーフエンジニアの森崎です。本日はアシスタントの技術の習得について。

スタジオに就職して直ぐにエンジニアには成れません。まず最初はアシスタントからキャリアをスタートします。プロの現場では学校のように、やり方をいちいち教えてくれません。どうやって覚えるか?それは先輩の動きを見て覚えます。

1.細かいところまで観察するように見る
2.そして自分でも同じようにできるか試す(もちろん最初は上手くはできない)
3.次は上手くできないところを集中して見る(細かい操作や動き一つまでメモをしながら)
4.また実際にやってみる
この繰り返しで技術を習得していきます。最初はゆっくり丁寧に何度も繰り返すことで、動作が洗練され無駄が無くなり自然に正確さやスピードが身に付いていきます。

アシスタント時代に先輩の後ろについて仕事を見ていた時に「お前は全く仕事を見ていない!」とたびたび叱られました。いま振り返ってみると動きや間(ま)、コミュニケーションに至るまでしっかり見なさいということだったと理解できます。

プロの現場を体験したい方はぜひサイデラ・マスタリングのインターンシップに応募してください。まずは掃除から、スタジオの作法がみっちり身に付きますよ。サイデラ・マスタリングでは専門学校からのインターンシップやスタジオ見学なども歓迎して受け入れていますが、学生のそれからの授業への取り組み方がずいぶんと違ってくると伺っています。
「サイデラ・インターンシップ・プログラムについて」
http://www.saidera.co.jp/paradiso/intern.html


[ サイデラ・マスタリングお問い合わせ/ご予約フォーム→→ ]
[ Saidera Mastering Blog Archives→→→ ]

広告を非表示にする