[]ステージ転換時のマイクロフォン移動 <その1>

ライブレコーディング・エンジニアの西沢です。

オーケストラや室内楽の演奏会では、楽曲によってステージ上の楽器配置が異なる場合があります。例えば、コントラバスが上手から下手に移動することだってあり得るのです。そんな時、コントラバス用のマイクロフォンはどの様に移動したらいいのでしょうか。

1.単純に動かす……ケーブル介錯は必須ですね

2.あらかじめ下手と上手にケーブルを準備しておく……ケーブルの移動がないので楽です

例:あらかじめ下手と上手にケーブルを準備しておく

3.下手と上手にマイクロフォンを準備しておく……機材に余裕があれば可能

4.下手側にある他の楽器用マイクロフォンを転用する……最低限の移動で済むかも?

転換時間やスタッフ数など考慮し、最適な方法を選びたいですね!


サイデラ・マスタリング→www.saidera.co.jp
Saidera Mastering on Facebook→→www.facebook.com/saideramastering
電話でのお問い合わせ→03-5410-6789
メールでのお問い合わせ→→saideramastering2@gmail.com
[ サイデラ・マスタリングお問い合わせ/ご予約フォーム→ ]
[ Saidera Mastering Blog BACK NUMBERs→→→ ]

広告を非表示にする